知っておきたい!ウインタースポーツを100パーセント楽しむための注意点

雪焼けに気を付けよう

紫外線量が多い

冬のゲレンデなどでも、夏の日焼けのように、顔や首など服で保護されていない部分の皮膚が焼けてしまうことも、実は多いです。
冬は紫外線が少なく、特別な日焼け対策などは必要ないイメージが強いかもしれませんが、実はそんなことはなく、天候の良い日の真っ白なゲレンデでは非常に多くの紫外線を反射しています。

天候があまり良くないどんよりとした曇り空の日であったとしても、そこそこの紫外線が反射されており、ゲレンデという場所は紫外線量が多い場所だということをきちんと認識しておくべきでしょう。
ゲレンデの状態によっては、夏の海よりも紫外線量が多いですので、しっかりと紫外線対策をしておかないと、後から思わぬ肌トラブルに繋がる危険性があります。

元に戻りにくい冬の日焼け

冬の雪山は紫外線量が多く、非常に日焼けしやすい場所なのですが、日焼けしやすい原因として、ただ単に紫外線量が多いという点以外もあるのです。
冬の場合、日焼けに対する意識が薄まっていますので、日焼け止めなどを用いた日焼け対策を怠りがちです。
それにより、思いがけず沢山日焼けしてしまうといのもあるでしょう。

また、春から夏にかけては新陳代謝も高まり、体内では自然と日焼けに対する準備が整っているのですが、冬の場合には思わぬ日焼けとなってしまうことから、大変になってしまうケースが多いです。
冬の日焼けの方が、夏の日焼けよりもくっきりと跡が残り、なかなか元に戻らないこともありますので、肌を守るためにも紫外線対策はおこなった方がよいでしょう。